BT療法の新規セミナーの募集は終了いたしました。
現在は、最新のWebシステム「E.F.A.S (運動機能分析システム)」として、より進化した内容で公開しております。

CIM式BT療法とは

現在までに355院導入(受講)しているCIM式BT療法は2006年より一般公開、全国10か所でセミナーを開催していますのでどなたでも本療法のセミナーの受講が可能です。
CIM式BT療法は動作検査によって、適切な施術対象筋肉を特定することができ、シンプルでわかりやすく、しかも、修得期間が短いので初学者でも最適な施術ポイントを特定できます。
施術対象筋に、磨かれてきた技法を行うので、容易に日々の治療に導入でき、遠隔施術が行え、急性期の傷害であっても、積極的な施術が可能です。
直後効果が高く、自信を持って自費治療を構築できます。
また、スタッフの早期育成に最適で院としての治療効果の安定とアップにつながります。


BT療法の適応症

腰痛・肩こり・むちうち・寝違い・ギックリ腰・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腱鞘炎・テニス肘・外反拇指・成長痛・五十肩・・変形性膝関節症・O脚・正座ができない・水が溜まる・打撲・捻挫・突き指・耳鳴り・頭痛・偏頭痛・メニエル氏病・背部痛・眼精疲労・顎関節症・歯茎の腫れ・内科疾患による関連痛など